kamas's CARLIFE

カーライフを中心に お役立ち情報を発信

【メルセデス・ベンツの賢い買い方】サラリーマンがベンツを買うために持つべき3つの考えと、その具体的な方法【その3】

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、kamasです。
今回も、前回に引き続きメルセデス・ベンツの賢い買い方についてご説明したいと思います。
メルセデス・ベンツと聞くと、まさに"雲の上"のイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。私も数年前まではそうでした。
そもそも、"外車"に対するアレルギーめいたものも存在するのも確かです。維持費もかかるし壊れやすいし…ちょっとした憧れはあるけど無意識のうちに候補から外してしまう、と言う方も多いのではないでしょうか。
でも、少しの工夫で憧れのクルマもグッと現実味を帯びたものになります
年収500万のサラリーマンながら、ベンツを2台も買ってしまったkamasが考える、ベンツの賢い買い方について綴りたいと思います。

メルセデス・ベンツの賢い買い方 その2 

本稿は限られた資金で如何に賢く買うか?にフォーカスした記事です。したがって、大前提は「中古で買うこと」です。
もちろん新車で買えば間違いなくいい買い物ができますが、メルセデス・ベンツの新車が高いのは言わずと知れたことですからね。一般的なサラリーマンがおいそれと手をさせる価格ではありません。
ベンツも中古車を視野に入れて検討すればグッと現実味を帯びたものになりますよ。

では、賢く中古車を買うには何に気をつけたらいいのか?
大きく分けて3つのことを考えるべきです。
①ハズレの個体を買わないこと
②維持費を安く抑えること
③好みの仕様を狙い撃ちすること

この3つを達成するために、どう買えば良いのか?
今回は、③好みの仕様を狙い撃ちすることについて、解説していきたいと思います。
「①ハズレの個体を買わないこと」については以下の記事で説明しています。
kamas-cars.hatenablog.com
「②維持費を安く抑えること」については以下の記事で説明しています。是非、併せてお読みください。
kamas-cars.hatenablog.com

自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』

kamasが所有するメルセデスベンツは以下ページでご紹介しています。
kamas-cars.hatenablog.comkamas-cars.hatenablog.com

好みの仕様を狙い撃ちする


まずは自分が欲しいと思う仕様を明確にしましょう。
そうすることで自分の欲しい個体がいくらぐらいで、どこを妥協したらコレぐらい安くなる、というのが見えてきます。
妥協するところを間違えると、ずっと後悔しながら乗り続けることになるので、ここは慎重に決めた方はいいですよ。憧れの車種が手に入るならオプションはそんなに気にしないよ、と思うかも知れません。でも私の経験上、人は慣れるとすぐ欲求が出てきてくるもので、あのオプションがあれば良かったと思うときが来るのです。

では、具体的に好みの仕様を絞り込むとき、どんな手順で絞り込むべきか、以下に説明します。

まずは予算を決めて「走行距離」と「年式」を絞り込む

まず最初に絞り込むべきは「走行距離」と「年式」。
一般的には走行距離が伸びるほど、年式が古いほど値段は落ちますよね。これにより百万円単位で価格が変わりますから、非常に大きな重要なポイントです。
まずはザックリとした予算を決めて、走行距離と年式を絞りましょう。
その時注意したいのは、モデルチェンジの時期。同じ年式でもモデルチェンジ前後で価格が大きく違います。ぱっと見同じような見た目でも内装が全然違う、なんてことが良くあります。

次に、自分がほしいと思う「グレード」「ボディカラー」「オプション」を明確にしましょう。そのためにはどんなグレードやオプションがあるかを把握することが大切です。

どんなグレードがあるか把握しましょう!


グレードによって"走る""曲がる""止まる"に関わるところが違います。
大きな違いはエンジンですね(細かいことを言えばサスペンションも違ったりしますが)。
モデルによって大抵数グレードが用意されています。
例えばAクラスであれば、A180とA200dの2つ。更に本格スポーツモデルのAMGにはA35やA45sがありますね。
ガソリンエンジンのA180は買い物メインで距離を乗らない人向け、ディーゼルエンジンのA200dは出力も大きく、長距離向けのハイスペックグレードです。

自分の使い方にあったグレードを選びましょう。

オプションの中身を理解しましょう


好みの仕様を決めるには、オプションについても理解する必要があります。
メルセデスの代表的なオプションを以下に記載します(車種によって違います。ご注意ください)。

レーダーセーフティパッケージ

メルセデス・ベンツの車は、高い安全性も特長の一つ。特に運転支援システムは世界最先端の技術がふんだんに使われています。
レーダーセーフティパッケージは様々な運転支援システムがパッケージオプションになったものです。
メルセデスベンツの安全性を実感するにはこのオプションは必須と言えるでしょう。特にアダプティブクルーズコントロールと呼ばれるACC(オートクルーズコントロール)は非常に優秀です。

ナビゲーションパッケージ


ナビゲーションとテレビ機能を搭載するオプションです。このオプションが付いていない場合、ナビはアップルカープレイ(Apple Car Play)等を使う必要があります。このオプションも必須と言って良いでしょう。

AMGライン


車としての機能に差はありませんが、内外装がスポーティな仕様になります。外装ではエアロパーツやグリルやホイール、内装ではシート素材やオーナメントがスポーティな仕様になります。
ぱっと見の印象がスポーティになりますが、ホイール径が大きくなるのでタイヤが扁平になり、乗り心地は硬めになります。好みで選びましょう。

個人的には必須オプションです。

レザーエクスクルーシブパッケージ


内装のグレードアップオプションで、シートがフルレザーシートになります。これはAMGラインと組み合わせで設定されます。すなわち、非AMGラインのレザーエクスクルーシブパッケージと、AMGラインのレザーエクスクルーシブパッケージは別のデザインになります。
更に、64色アンビエントライトもレザーエクスクルーシブパッケージに含まれるものもあります。

このあたりは仕様変更で左右されるところですので、注意して探しましょう。
このオプションが装着された個体はやや少ないかも知れません。

【重要】中古車サイト活用のコツ

本項は以下のページに移動しました。
kamas-cars.hatenablog.com

中古車オークションから直接仕入れできたらかなりお買い得!

全国の中古車販売業者または個人が中古車を競売にかけて取引を行う「中古車オークション」というのがあります。
正直中古車オークションには詳しくないのですが(すいません)、ここから仕入れることが出来れば、売店から買うより安く購入できるのは確かです。
具体的には、中古車オークションへの参加資格を持つ代理店を介して買うのが良いでしょう。しかし、メルセデスベンツの整備ができて、且つ中古車オークションへの参加資格を持つ店に出会うのは難しいのが難点ですが…。

まとめ

いかがだったでしょうか。
好みの仕様を狙い撃ちにすれば、かなりの確度で満足できる買い物ができるはずです。
私が紹介した「賢い買い方」を参考にして頂き、ぜひ憧れのカーライフを手に入れてください
本稿がその参考として役立てば幸いです。

愛車の査定はこちら

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。
経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいです。

以下リンク先から無料一括査定できます。



愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!