kamas's CARLIFE

カーライフを中心に お役立ち情報を発信

【W177】新型Aクラスの初回車検を受けてきた!気になる費用は?

こんにちは、kamas です。
今回は新型Aクラス(W177)の車検について解説していきます。

ベンツAクラス 車検費用の解説

新型Aクラスが日本に上陸してからはや3年が経つんですね。我が家のAクラスは日本上陸と同時に新車登録された個体ですから、この12月に初回の車検を受けてきました。
Aクラスと言えばメルセデスベンツのエントリーモデル、まだ手が届きやすいモデルですから、国産からの乗り換えを検討されている方も多いと思います。でも、外車って維持費かかるんでしょ?と躊躇してしまう人も多いはず。ベンツの車検って50万円ぐらいかかるらしいよ!なんて言う噂でビビっている人もいるかも知れません。
そこで今回は新型Aクラスの車検について記事にまとめました。これを読めば、意外とリーズナブルな値段で車検を受けられることがお分かりいただけると思います。保証制度についても触れますのでその辺りが気になる方も是非ご覧下さい。

kamasが所有するAクラスの詳細

●車種
メルセデスベンツ Aクラス
A180 スタイル
●型式
2018年製 W177
●ボディーカラー
ポーラーホワイト
●オプション
AMGライン
AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(チタニウムグレー)
ナビゲーションパッケージ
レーダーセーフティパッケージ

ズバリ車検にかかった費用は?


車検で払った費用は10万円弱。…え、安くね?ホントに?と思われるかもしれませんが、ホントです。何故なら購入した時に「メンテナンスプラス」というメンテナンスパックに入っているから。だから今回の車検で実際に払ったのは税金や手数料などの諸費用のみです。
保安確認検査料:2.3万円
車検書類作成代行手数料:2.3万円
産業廃棄物処理費用:0.8万円
登録印紙代:0.1万円
自賠責保険:2万円
重量税:2.5万円
合計:10万円
メンテナンスパックの詳細は後述するとして、まずは車検における整備の中身を見ていきましょう。


車検の内容はこんな感じ

今回、車検にて整備した箇所はご覧の通り。
MB2年点検:3.5万円
エンジンオイル:1.2万円
ワイパーブレード(前後):1万円
オイルフィルター:0.3万円
シールリング:200円
エアーフィルター:1万円
合計:7万円
内容は至って一般的な整備内容でした。特に不具合も見られなかったとのことで一安心です。これまでに起きた不具合内容については以下の記事をご覧下さい。
kamas-cars.hatenablog.com

それぞれ整備項目に金額が書いてありますが、これらは全てメンテナンスパックの対象となるため、今回の自己負担額はゼロ。逆にメンテナンスパックに入っていない場合、整備費用7万円+諸費用10万円=車検費用17万円ほどかかることになります。まぁ、法外な価格ではないですよね。

「メンテナンスプラス」とは

メルセデスベンツ公式HPより

新車登録から3年間は「メルセデス・ケア」と呼ばれる保証制度があり、この期間は故障や不具合だけでなく、消耗品や点検費用は全て無料となっています。が、メルセデス・ケアは車検は対象外となるため、有償となるのです。
それに対し、メンテナンスプラスに加入すると「MB2年点検(=3年目の車検)」と「MB1年点検(=4年目の1年点検)」がそれぞれ一回づつ無償(代行手数料や法定費用を除く)で受けることができ、更に以下の通り消耗品も交換してくれます。

メルセデスベンツ公式HPより

メンテナンスプラスの加入料金は、Aクラスの場合は13万2000円。今回の車検で7万円かかったので、次の4年目の1年点検で6万2000円以上かかったら、元を取れたことになる計算です。

その他、保証プランについては以下の記事をご覧ください。
kamas-cars.hatenablog.com


まとめ

いかがだったでしょうか。
ベンツの車検!と聞くとめちゃくちゃ法外な値段がかかるんじゃないかと思われがちですが(実際国産車に比べると割高ですが)、実はそうでもない、と言うことがご理解いただけたのでは無いでしょうか。ベンツの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

クルマの乗り換えをご検討されている方、今のクルマがいくらで売れるのか気になりませんか?もしまだ買取店に相談していないと言う方は、無料一括査定を使って少しでも高くクルマを売りましょう!(ブログ更新のモチベーションにもなりますので是非。。。)

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

愛車の査定を上げるには

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
憧れのクルマへの第一歩は今のクルマを高く売ることです。
サラリーマンながらベンツを2台も購入できたのは買取価格を上げることに成功したからです。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。

↑のオレンジのボタンをクリックし、愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
私の経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいですよ。過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!