kamas's CARLIFE

世帯年収500万のサラリーマンがベンツ2台持ちするとどうなるのか?

【W205】サンバイザーから異音?シリコンスプレーで異音を解決!

こんにちは、kamasです。
今回はシリコンスプレーでクルマの内装から聞こえる異音を解決できるか試してみました。

内装の異音をシリコンスプレーで消せるかやってみた

皆さんのクルマの内装から異音はしていませんか?
“異音”と言っても色んな種類の異音がありますよね。“カタカタ”や”ギシギシ“など…いずれにせよ不快な音なので耳につきますよね。それだけに「異音を何とかしたいけどどうしたらいいか分からない」「簡単に異音を消せる方法を知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はシリコンスプレーを使って内装から聞こえる異音を解決できないか試してみました。コレを読めばシリコンスプレーの良さがお分かりいただけると思います。実際に愛車のベンツCクラス(W205)で試してみたので是非参考にしてくださいね。




キッカケは前の敗北

今回シリコンスプレーを使って何かしようと思ったのは、以前足回りの異音対策でシリコンスプレーを買ったものの、敗北を喫したことがキッカケです。内容が気になる方は以下をご覧下さい…。
kamas-cars.hatenablog.com

この時に買ったシリコンスプレーが大量に余ったんですよね。だから何とか使い道を探そうと思った訳です。別にすぐ使い切らずに残しておけば良い話なんですけど。

でもこのままだと何も成果がない!こいつを無駄に終わらせる訳にはいかん!というわけで今回、内装の異音対策をするに至りました。果たして今回は上手くいくのでしょうか…。



今回対策するのはサンバイザー

今回の異音対策は内装のサンバイザーです。日差しが眩しい時に下ろすアレですね。いやいやそんなとこから異音する?!と思われるかも知れませんが、するんですよね。ベンツ。
具体的にはサンバイザーを下ろしたり上げたりする度にキュルっという音がするのです。とても不快!というわけでも無いですが、手始めにシリコンスプレーの実力を試すにはちょうど良いでしょう。
という訳で今回対策するのはサンバイザーの異音です。


異音の発生場所を特定するよ

まずは異音の発生場所の特定です。とは言え、今回は非常に分かりやすく、恐らくサンバイザーの付け根の摺動部分が原因と思われます。では、サンバイザーの付け根部分をもう少し詳しく見ていきましょう。

金属製の部品が使われている

Cクラス(W205)のサンバイザーはこんな感じ。

W205のサンバイザー。至って普通のサンバイザーです。

普通に下げれるのはもちろん、向かって左側の付け根を外してサイドウインドウ側も遮光できるようになっています。
まぁ至って普通のサンバイザーですよね。


では問題の付け根部分を見ていきましょう。
運転席側のサンバイザーであれば、向かって左側の付け根部分は外れるようになっています。

問題の付け根部分。ここから異音が発生してるっぽいんですよね。

実際に外すとこんな感じ。

サンバイザーの付け根部分を外すとこんな感じ。金属製の部品が奢られています。
軸受側?にも同様に金属製の部品が使われています。こっちは押さえると凹むようになっています。

ここはサンバイザーが動く度に擦れ合う摺動部分のため、樹脂がすり減らないよう軸、軸受の両方に金属製の部品が奢られています
さすがベンツ!こんな所までコストが掛かってますね〜…って他のメーカーはどうなんでしょうね。今まで乗ったクルマはこんなにも凝った構造ではなかった気がしますが。



原因はおそらくコレ

で、今回の異音の原因はおそらくこの金属製の部品。金属同士が擦れ合う時に異音が発生しているものと考えられます。擦り減り具合から見て、実際に接触しているのは真ん中だけのようですね。

おそらく異音の原因はこの金属製の部品と思われます。

今回はここにシリコンスプレーを吹いて(塗り込んで?)異音が止むかどうかやっていきます。


シリコンスプレーを吹いてみた結果

前回購入したシリコンスプレーはコイツ。

他にもワコーズのシリコンスプレーも評判が良いですね。

シリコンスプレーの塗り込みはいつも通りコイツを使いました。


金属部品にシリコンスプレーを塗り込んでいきます。
さて結果は…?

見事に異音が無くなりました!シリコンスプレーって凄いですね。

助手席側も同様にシリコンスプレーを塗り込んでおきました。

助手席側も同様にシリコンスプレーを吹いておきました。コレで無事にサンバイザーの異音は解決です。

コレでちょっとだけ快適になりました。


シリコンスプレーで摩擦を低減

今回の異音は金属製部品同士が擦れ合う時に発生していたようです。何の変哲もない金属だからそりゃあキリキリ音するわな…。

シリコンスプレーの成分は「シリコンオイル」。高い潤滑性があるので接触部分の摩擦抵抗を減らし、滑らかに動くようになったことで異音を抑えることができたものと思われます。またいずれは枯渇してくるのでキュルキュル鳴るでしょうが、その時はまたシリコンスプレーを塗ればいい!
という訳でシリコンスプレーはかなり万能な予感がします(今さら気づいたんかい…と言われそうですが)。今後も使用の幅が広がりそうな逸品です。


まとめ

いかがだったでしょうか。作業にかかった時間はたったの2分ぐらい。めちゃくちゃ簡単に異音を解決できたのでオススメです。それにシリコンスプレーめっちゃ安いですし。
まぁサンバイザーから異音がするのはベンツぐらいかも知れませんが…。

話は逸れますがベンツってかなり異音に対してはルーズな気がします。まぁ他メーカーには無い、素晴らしい所もいっぱいあるんですけどね。至る所から異音がしてますのでまだまだシリコンスプレーの出番はありそうな予感がします。
以前、10年落ち・10万キロの過走行なアウディA1を代車でお借りしたことがあったのですが、その時は「アウディの内装、全然異音しないやん!」と感動したほど。詳細が気になる方は以下のページをご覧ください。内装以外にもA1のレビューをまとめております。
kamas-cars.hatenablog.com




クルマの乗り換えをご検討されている方、今のクルマがいくらで売れるのか気になりませんか?もしまだ買取店に相談していないと言う方は、無料一括査定を使って少しでも高くクルマを売りましょう!(ブログ更新のモチベーションにもなりますので是非。。。)

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

愛車の査定を上げるには

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
憧れのクルマへの第一歩は今のクルマを高く売ることです。
サラリーマンながらベンツを2台も購入できたのは買取価格を上げることに成功したからです。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

↑のオレンジのボタンをクリックし、愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
私の経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいですよ。過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!