kamas's CARLIFE

世帯年収500万のサラリーマンがベンツ2台持ちするとどうなるのか?

【悲報】足回りのギシギシ音はシリコーンスプレーで消せる?ベンツで実際にやってみた結果

こんにちは、kamasです。
今回はベンツの足回りからギシギシ音がしてきたのでシリコーンスプレーで消せるか試してみました。

足回りからの異音をシリコンスプレーで消せるかやってみた

最近私のCクラス(W205)の足回りからギシギシと異音がするようになってしまいました。調べてみるとベンツに限らず結構事例があるようです。
足回りの異音は走行中にも聞こえてくるので気になりますよね。それだけに「足回りの異音を消したい」「けど修理費はなるべく安く済ませたい」と思っている人も多いはず。
そこで今回は足回りのギシギシ音をシリコーンスプレーで消せるかやってみました。ベンツ、特にW205Cクラスにお乗りの方は参考になると思います(色んな意味で…)。
貧乏サラリーマンが何とか応急処置で誤魔化せないかトライしてみた結果はいかに?!




症状について

今回問題となったのは足回りからのギシギシ音。ひと口に“足回りの異音”と言っても色んなパターンがあります。どこが原因か特定するには、まずは症状について詳しく知る必要があります。

症状が出るのはこんな時


足回りの異音特定はプロでも難しい作業です。ただし、“何をしたとき”に異音がするのかをハッキリさせることで、少しづつトラブルシューティングを進めていくことができるんじゃないかと思いました。
私の場合、「クルマに乗り込んだ時」「クルマから降りた時」「ステアリングを切った時」。この3条件です。
つまり車体が上下方向に動いた時(浮き沈みの動きですね)にギシギシ音が発生する。それに加えてステアリングを切ってタイヤの角度が変わる時にもキィ〜っという音がするんですよね。
また、異音がするのは決まって右側(運転席側)の前輪から。運転席に近いからよく聞こえるだけかな?と思いましたが、車体を揺すりながら耳を近づけても他の所からは聞こえませんでした。

以上のことから、車体が上下に揺れた時にギシギシ音が、ステアリングを切った時にキィキィ音が、右前輪から聞こえてくる事が分かりました。さて、ココからが本番です。この症状を手がかりに音の原因は何か?を特定していかなければなりません。プロでも四苦八苦するらしい異音の原因特定、果たして素人にもできるのでしょうか…。


原因を探るぞ

症状から考えて、単純に車体が上下に揺れたり、ステアリングを切った時に稼働する部分が怪しい、ということが何となく想像できます。
じゃあそれはどこなんだ、となるとサッパリ分かりません。まずは足回りの部品構成がどうなっているのか?を理解する必要がありそうです。

まずは足回りの構造のお勉強から


異音の原因を特定するにはどうやら足回りの構造を理解した方が良さそうなので、まずはお勉強から。とは言えクルマの足回りはかなり奥が深く、素人がすぐに理解できるシロモノでは無いので、ざ〜っくりと浅いところだけ頑張ります。では…。

クルマはタイヤ(車輪=ホイール)で接地している。でも車輪とボディの間に何の緩衝装置も無ければ、乗り心地が酷くて乗るに堪えない。だからバネとダンパーを備えた「サスペンション」で衝撃を吸収している。

…ふむ。まぁここらへんは分かりますよね。では次…。

車輪とボディをサスペンションだけで繋いだら車輪の位置が定まらず、あっちこっちに動いてしまうのでマトモに走れない。だからボディと車輪を繋げて位置決めするためのアームが必要。コレが「サスペンションアーム」、通称サスアームと呼ばれている。

…なるほどなるほど。何となく分かりますね。言葉にすると小難しいですが直感的に理解できます。

車輪に対してどのような運動を許容するかは「サスアーム」で制御している。リヤなら“上下のみ”、フロントなら“上下+左右操舵”の運動になるようにそれぞれサスアームが配置されている。どのように配置されているかはサスペンション形式による。

ほうほう…あれ?W205のサスペンション形式って何だっけ?
ということで次はCクラス(W205)のサスペンション形式について調べていきます。


W205のフロントは4リンク式

調べてみるとCクラス(W205)のフロントサスペンションは「4リンク式」と呼ばれる形式だそうです。4つの“リンク機構”で車輪を支える形式だそうな。
言葉じゃよく分からないので絵を持ってきました(ホントは写真を使いたい所ですが著作権の関係上使えません…)。

下手くそな絵で恐縮です。W205のフロントのサスアームはこんな感じです。

どうでしょう?分かりますかね?
車体と車輪を繋ぐアームはこのように配置されているんですね。

当然、このサスアームが車体とガッチリ固定されて動かないのでは意味がありませんから、決まった方向に稼働するよう取り付けられています。


ブッシュとボールジョイント

“サスアームと車体”、“サスアームと車輪”はそれぞれ「ブッシュ」と「ボールジョイント」と呼ばれるもので繋がれており、まさにここが“足回りの稼働部分”という事になります。

ブッシュとはこんな感じもの。

「すべり軸受」とも呼ばれており、ベアリングのような動きをします。ゴム製なのでブッシュ自体がタワみ、衝撃を吸収する役割も担います。
金属製の内筒と外筒に間にゴムを詰めた構造で、経年でゴムが劣化してしまいます。



ボールジョイントとはこんな感じのもの。

ぱっと見はゴムの塊ですが、中に金属製のボールのような形があり、それがグリグリ回ることで運動を伝達します。

経年でゴムのブーツが破れてしまうことがあり、そうすると中のグリスが飛び出てしまいグリスが枯渇し、金属が摩耗したりサビたりしてしまいます。

分かる範囲でW205の足回りに使われているブッシュ•ボールジョイントを色で示してみました。青色がブッシュ、赤色がボールジョイントです。

青色がブッシュ、赤色がボールジョイント。素人なので間違ってたらすいません。



いよいよ場所の特定だ!

さて、概ねW205の足回りの構造が理解できてきました。次はいよいよ動き方を考えてみましょう。ここからは私の推測のため、正確じゃないかも知れませんので悪しからず。
まずは①サスペンションの伸び縮み(上下の浮き沈み)で稼働する部分は…?
まずはここ。アッパーアーム。車体とナックル上側を繋ぐ部品です。

アッパーアームは上下運動で動きそう。

次はここ。アッパーアーム同様、ロアアームも動くはずですよね。車体とナックル下側を繋いでいます。W205の場合はサスペンション下側とスタビライザーリンクもロアアームと繋がっています。

ちょっと分かりにくいですが、コレがロアアーム。

あとここ。ラジアスアームと呼ばれるそうで、ここも動きそう。直進安定性を保つための部品だそう。

ここも上下運動で動きそう(間違ってたら教えてください)。

こんなとこかな?
ってほぼ全部じゃん…。


じゃあ続いて②ステアリングによる左右の動きで稼働する部分はどこか考えてみました。
タイロッドでステアリングの動きをタイヤに伝達しているので、まずタイロッドは動きますよね。

タイロッドはステアリング操作で動きますよね。

タイロッドが動けばナックルも動きます。アッパーアーム、ロアアームとの接続部も動くはず。

ナックルも当然ステアリング操作で左右に動きます。

こんなもんでしょうか。間違ってたら教えてください…。


原因はここじゃないか?

そして今回の症状、原因が一ヶ所から発生しているのだとしたら、①上下の浮き沈みで稼働する部分で、且つ②ステアリングで稼働する部分だと言うことになります。で、なおかつ右側(運転席側)。そうすると以下の場所が考えられます。

私の症状と照らし合わせて怪しいと思うのはココです。

①アッパーアームのボールジョイント
②ロアアームのボールジョイント
③ラジアスアームのボールジョイント
④タイロッドのボールジョイント

まずはここから潰していこうと思います。 


実際にシリコンスプレーを吹いていくよ


前置きが大変長くなってしまいましたが、いよいよ実際にシリコンスプレーを吹いていきます。本来ならジャッキアップしてタイヤを外してやるべきでしょうが、ウチにはジャッキすらありません。
そこで今回はエアサスを目一杯上まで上げて、ステアリングも一杯に切った状態で作業します。

このボタンを押せば車高が上がります。初めて有効活用したかも…。

下から覗くとこんな感じです。

下から覗くとこんな感じです。しっかりした足回りだなぁ…。

先ほど「ここが怪しい」と推定したのはココです。

①アッパーアームのボールジョイント ②ロアアームのボールジョイント ③ラジアスアームのボールジョイント ④タイロッドのボールジョイント

まずはここから吹いていきましょう。

シリコンスプレーはコレを使いました

使用したシリコンスプレーは庶民の味方、KUREシリコンスプレー

他にはワコーズのシリコンスプレーも少々お高いですが評判が良いですね。

くれぐれも「家にシリコンスプレーないからCRCでもいいか」っていうのはNGですよ!ボールジョイントやブッシュはゴムが使われているので通常の潤滑油は劣化を促進してしまいます。シリコンスプレーであればゴムやプラスチックに振りかけてもOKです。


実際にシリコンスプレーしてみたが…

赤丸で囲ったところにシリコンスプレーを吹いていきます。まずは吹く前に車体を揺すってみると「ギシッギシッ」と異音がハッキリ聞こえます。

シリコンスプレーをプシューっとたっぷり振りかけてみると…隙間に浸透してる…コレは期待できる…!!

シリコンスプレーを吹いてからもう一度車体を揺すってみます。運命の瞬間です。
…ギシッギシッ…」

>…異音しとるやんけ。

こうなったら他のところも一個づつシリコンスプレーを吹いていきます。

ここをスプレーしてから揺すってみると…

…ギシッギシッ…


次はここ。ここもスプレーしてから揺すってみても…

…ギシッギシッ…

ここ!

…ギシッギシッ…

結局、他の稼働部分という稼働部分ぜーんぶにシリコンスプレーをたっぷり吹きかけましたが、異音は治らず。今回の異音撃退作戦はあえなく失敗に終わりました…。


やっぱりココが怪しそう

結局シリコンスプレーでは異音は消えませんでしたが、実際に作業してみたり事例を調べていく中で怪しいな、と思ったのはロアアームのボールジョイントでした。特にゴムブーツに破れ等は見られないのですが、この辺から音がするように思いました。実際は音が反響するので、かなり耳を澄まして聞く必要があります。

実際に耳で聞いた感じだとロアアームのボールジョイントが一番怪しかったです。

ここのボールジョイントは下向きに設置されており、中のグリスが枯渇しやすいんじゃないと思ったり。

ブーツの穴を開けてグリスを注入すれば治るのかな?でも素人がそんなことしたら絶対に失敗して終わるだけだし…と言うことで今回は大人しく退散です。残念!


まとめ

いかがだったでしょうか。
色々と調査したりして挑んだ結果、虚しくも失敗に終わりました。結論、「W205の足回りの異音はシリコンスプレーでは治らなかった」ということです。皆さんも経験やアドバイスありましたら是非コメントくださいね。よろしくお願いします。

さて、近々ロアアームの交換を依頼しましょうかね…。では…。

クルマの乗り換えをご検討されている方、今のクルマがいくらで売れるのか気になりませんか?もしまだ買取店に相談していないと言う方は、無料一括査定を使って少しでも高くクルマを売りましょう!(ブログ更新のモチベーションにもなりますので是非。。。)

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

愛車の査定を上げるには

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
憧れのクルマへの第一歩は今のクルマを高く売ることです。
サラリーマンながらベンツを2台も購入できたのは買取価格を上げることに成功したからです。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

↑のオレンジのボタンをクリックし、愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
私の経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいですよ。過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!