kamas's CARLIFE

世帯年収500万のサラリーマンがベンツ2台持ちするとどうなるのか?

徹底解説!【W177】メルセデス・ベンツのAクラス W177はどんなクルマ?外装レビュー2

日本ブログ村ランキング参加中!以下バナーから各ジャンルのブログが読めます。
にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ カーライフへ にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ

こんにちは、kamasです。


今回はkamas家にあるもう一台のベンツ、W177 Aクラスを紹介したいと思います。
2018年にモデルチェンジを果たしたW177。
その外装(エクステリア)をご紹介したいと思います。オーナーならではの目線で、試乗や展示車では見れない・気付けないような細かいマニアックな部分まで徹底解説します!


外装2 サイド&リヤビュー 
f:id:kamas:20211027152449j:plain
今回はサイド&リヤ周りを中心にご紹介していきます。
フロント周りについては以下リンク先でご紹介しています。是非チェックを!
kamas-cars.hatenablog.com



自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』




 

kamasが所有するAクラスの詳細

●車種
メルセデスベンツ Aクラス
A180 スタイル
●型式
2018年製 W177
●ボディーカラー
ポーラーホワイト
●オプション
AMGライン
AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(チタニウムグレー)
ナビゲーションパッケージ
レーダーセーフティパッケージ





①シンプルな面構成。サイドビュー

フロントマスクに比べるとサイドは比較的シンプルな印象
フロントマスクは以下ページでご紹介しています。

彫りの深いキャラクターラインはないですが、ヘッドライトからテールライトにかけての伸びやかなラインと、ドア下部を上昇気味に走るライン、2本のキャラクターラインで構成されるサイドビューはメルセデスらしいです。

f:id:kamas:20211026111500j:plain
ヘッドライトからテールライトにかけてのラインと、ドア下部を上昇気味に走るライン、2本のキャラクターラインはメルセデスらしいですが、その彫りが浅いのでシンプルな印象を受けます。



②サイドウインドウ周りは落ち着いたデザイン

Cピラーメルセデスらしい、
ストンと落ちるようなラインで落ち着いた印象です。

f:id:kamas:20211026114249j:plain
サイドウインドウはお決まりのメッキモールです。まだ新しいのでメッキモールの劣化はありません!

Aピラー根本のドアミラー付け根とBピラーは塗装されており、未塗装の樹脂ではありません。
色あせのリスクが無いのはいいいですね。

f:id:kamas:20211026115221j:plain
ドアミラー付け根は塗装されています。色あせの心配はありません。
f:id:kamas:20211026115553j:plain
Bピラーも塗装されています。自分が乗り込むときに目立つ部分なので劣化しにくい材質は嬉しいですね。ただ指紋が目立つかも。。。

ただし後部座席横のところは未塗装です。

f:id:kamas:20211026115954j:plain
ここの部分だけ未塗装です。




 

③ドアハンドル/ドアミラー

ドアハンドルはメッキが施され、メルセデスの他の車種と同じデザインです。
すべてのドアハンドルでロック/アンロックが可能です。

f:id:kamas:20211026120407j:plain
全てのドアハンドルにタッチセンサーがあり、ロック/アンロックが可能。


ドアミラーは自動減眩機能付きで、
外側1/4ぐらいの面積は広角になっています。
三角のマークはブラインドスポットアシストのアラームサインです。

f:id:kamas:20211026142802j:plain
ドアミラーは外側1/4ほどの面積が広角になっています。三角マークはブラインドスポットアシストのアラーム。更にはドアを開ける時、後方から車や歩行者が来ているときはアラームが鳴るとともにここの三角マークも光ります。


ロケイターライティングはドアミラー下のLEDが光ります。

f:id:kamas:20211028025725j:plain
夜間はドアミラー下が光り、周囲を結構明るく照らしてくれます。いわゆるロケイターライティングです。



④デザインが新しくなったホイール

f:id:kamas:20211027152723j:plain
ホイールのデザインが新しくなりました。メルセデスの伝統的な5本スポークを継承しながらも、空力を考慮したようなデザインに思えます。リム部分がかなり平面状になっています。AMGラインにつき、ブレーキディスクにはMercedes-Benzのロゴがが入ります。

先代からホイールデザインが刷新されました。
メルセデス伝統的な5本スポークを継承しながらも、空力を意識したデザインに変わりました。
リム部分がかなり平らになり、いかにも空気抵抗が低そうなデザインです。

ホイールサイズは7.5J x 18 ET 49、タイヤサイズは225 / 45 R18が純正サイズとなります。
AMGライン専用ホイールで、グレー/ハイシーンのツートンです。

f:id:kamas:20211027153638j:plain
AMGライン専用ホイール。センターキャップは黒基調のデザインです。

純正の状態ですと、当然ですがツラはかなり甘いですね。
ざっくりフロント1cm、リヤ2cmほどフェンダーに対してホイールが内側に入った状態です。

f:id:kamas:20211027153936j:plain
純正の状態ではツラはこんな感じ。FFなので特にリヤが内側に入っています。



⑤癒やし系なリヤビュー

f:id:kamas:20211026143410j:plain
フロントとは違って穏やかな表情のリヤビュー。でも上半分を隠して下半分だけを見るとディフューザーやエアダクトでスポーティな印象なんですよね。

フロントマスクと打って変わってかなりホンワカした印象で癒やし系なリヤビュー。
穏やかな表情のテールランプが特にその印象が強いですね。

控えめながらも、リヤスポイラーは一応付いています。

f:id:kamas:20211026144442j:plain
リヤスポイラーは控えめなものが付いています。AMGモデルだともっとスポーティなスポイラーになりますが。

Cセグメントの車には大抵付いているように思えますが、
リヤウインドウの左右に黒いパーツが付いています。
空力の確保?それともデザインのためでしょうか。

f:id:kamas:20211026150008j:plain
リヤウインドウの横にある黒いパーツ、Cセグメントの車には大抵付いていますよね。理由はよく分かりませんが空力の都合なんでしょうか。

バンパー部分には反射板ディフューザーエアダクトがあり、下半分はかなりスポーティです。

f:id:kamas:20211026152005j:plain
このアングルだとエアダクトとディフューザーの組み合わせがかなりスポーティに見えますね。

マフラーカッターはカッコいいですが、ダミーです。

f:id:kamas:20211026152447j:plain
マフラーカッターはダミーで、実際のマフラーはこんな感じで下を向いています。今どき気にすることでもないのでしょうが。。。回すといい音するんですけどね。

エアダクトもダミーです。

f:id:kamas:20211026152820j:plain
サイドのエアダクトもダミーで樹脂がはめ込まれています。

 


⑥穏やかな表情のテールライト

なんともほんわかしたデザインですね。
W177からテールランプが分割されたことで、トランクの間口が広くなったそうです。

f:id:kamas:20211026143906j:plain
テールライトは穏やかな表情です。W177からテールライトが分割され、トランクの間口が広くなったそうです。

テールランプはブレーキライトを囲むようなグラフィックが印象的です。
バックランプやナンバー灯も含めてフルLEDです。

f:id:kamas:20211028025225j:plain
夜間のテールライトは独特のグラフィックで存在感があります。
f:id:kamas:20211031035035j:plain
夜間のリヤビューを全体的に見るとこんな感じです。テールランプの独特なグラフィック、存在感があります。
f:id:kamas:20211031035237j:plain
ウインカー点灯時。
f:id:kamas:20211031035303j:plain
リヤフォグ点灯時。右側のテールランプの一部が光ります。

 



⑦トランクオープナーバックカメラ

ナンバーの上のオープナーを握るとトランクがアンロックします。
ちなみにAクラスにはパワーバックドアの設定はありません
同じCセグメントでもBMWの1シリーズには設定があるようですね。

f:id:kamas:20211026150959j:plain
ナンバーの上にはバックカメラとトランクのオープナーがあります。汚くてすみません。


その横はバックカメラになっており、普段は格納されています。
雨などでカメラレンズが汚れることが無いのでいいですよ。

f:id:kamas:20211026151702j:plain
バックカメラは普段格納されています。雨などでレンズが汚れることが無いのでいいですよ。
f:id:kamas:20211026151445j:plain
バックカメラをオープンにした状態。




愛車の査定はこちら

今回ご紹介したW177 Aクラスは現行車種ながら、直近ではその中古車価格の落ち幅が大きいようです。特に2018年12月に日本上陸したモデルですから、ぼちぼち一回目の車検の時期なんですね。車検前に売却するパターンも多く、中古車サイトでは2021年12月車検、という個体も多いです。個人的には今、かなり狙い目な車種だと思いますよ。
車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。
経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいです。

以下リンク先から無料一括査定できます。



愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!




 

まとめ

W177 Aクラスのエクステリア、個人的にはフロントマスクの印象がかなり強いです。
押し出し感の強いデザインでカッコいいと思います。
逆にサイド/リヤはシンプルで自然なラインです。
気品といかつさがいい感じでバランスしている、そんな印象です。

次回以降で内装をチェックしていきます。是非チェックを!