kamas's CARLIFE

世帯年収500万のサラリーマンがベンツ2台持ちするとどうなるのか?

【MBUX】ベンツAクラス(W177) マルチメディアシステムの解説

こんにちは、kamasです。
今回はベンツAクラスのMBUXマルチメディアシステムについて解説していきます。

ベンツAクラス(W177) MBUXマルチメディアシステムの解説

Aクラス(W177)に搭載されているMBUXは「ハイ、メルセデス」で知られる音声認識やタッチ機能など直感的に操作できる特長があります。音声認識については以下で色々と遊んでますのでぜひご覧ください。
kamas-cars.hatenablog.com

今回は、操作方法が先進的なのは分かったけど実際に何ができるの?という疑問に答えるべく、“MBUXマルチメディアシステムでできること”をご紹介していきます。このシステムを初見で使いこなすのは難しいでしょうから、ぜひこの記事を参考にしてください。便利な機能や意外と知られていない機能にスポットを当ててご紹介していきますよ。



kamasが所有するAクラスの詳細

●車種
メルセデスベンツ Aクラス
A180 スタイル
●型式
2018年製 W177
●ボディーカラー
ポーラーホワイト
●オプション
AMGライン
AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(チタニウムグレー)
ナビゲーションパッケージ
レーダーセーフティパッケージ



MBUXって何?

メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンスの頭文字を取った名称。
「自分の言葉、ジェスチャー、指先で操作でき、あなたの好みや行動を学習しサポートする革新のインフォテインメントシステム」だそう。音声認識ジェスチャー、タッチ機能や学習機能などを盛り込んだメルセデス専用のシステムのことをMBUXと呼ぶそうです。スマホで言うとOSみたいなもんですかね。




まずはユーザープロファイルの登録から

クルマを買ったらまずはユーザーのプロファイルを登録しましょう(納車時に担当者にやってもらいました)。MBUXはドライバーの好みや行動を学習する機能がありますから、「今誰が運転しているのか」が重要です。エンジンをかけると毎回ユーザーを選ぶ画面が立ち上がってきます。

f:id:kamas:20220108063708j:plain
エンジン始動(イグニッションオン)時に使用するユーザーを選択する画面が出てきます。

最大で7人まで登録でき、ユーザーごとに自宅を登録したり、自動でシートポジションを設定してくれたりします。

f:id:kamas:20220108064252j:plainf:id:kamas:20220108064301j:plain
プロファイルの登録画面。各機能のオン/オフを選べます。
f:id:kamas:20220108064309j:plainf:id:kamas:20220108064317j:plain
自宅住所やデバイスもユーザーごとに設定可能。




学習機能がある!

MBUXはドライバーの好みや行動を学習する能力があります。よく使う目的地、メディアソース、ラジオ放送局、連絡先を学習して自動で提案してくれますよ。例えば目的地の提案をオンにしておくと、出先でエンジンをかけると自動で自宅が目的地に設定されたりします(ありがた迷惑なのでオフにしましたが…)。

f:id:kamas:20220108064659j:plain
学習機能はプロファイルごとに項目を管理できるようになっています。




MBUXマルチメディアシステムの機能一覧

以下のような機能があります。

  1. 電話
  2. ナビゲーション
  3. ラジオ
  4. コンフォート
  5. 車両情報
  6. メディア
  7. Mercedes Meアプリ
  8. 設定

この中から、面白そうなものをピックアップしてご紹介していきます。まぁ電話、ナビ、ラジオは特段珍しくないのでスルーしましょうか。メディアもBluetoothで接続したデバイスの音楽再生です。コレも一般的かと思いますので割愛しますね。




コンフォート

f:id:kamas:20220108065334j:plain
コンフォートメニューでは「シートコンフォート」と「アンビエントライト」の設定ができます。シートコンフォートはマッサージ的な機能で、背もたれや座面の角度を小刻みに変えて背骨にかかる負担を軽減する機能だそう。設定方法は以下の記事をご覧ください。
kamas-cars.hatenablog.com
アンビエントライトは有名ですかね。ベンツのアンビエントライト、めちゃくちゃカッコいいですよ。以下の記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください。
kamas-cars.hatenablog.com




車両情報

文字通りクルマ車両に関する情報を表示できます。
アクセル/ブレーキの開度や車体の傾斜を表示したり…
f:id:kamas:20220108064950j:plain

エンジンの出力をリアルタイムで表示したりできます。
f:id:kamas:20220108065022j:plain

今までの燃費もグラフで表示可能。
f:id:kamas:20220108065051j:plain

電子版の取扱説明書なんてのもありますよ。
f:id:kamas:20220108065140j:plain




Mercedes Meアプリ

f:id:kamas:20220108065802j:plain
スマホアプリ「Mercedes Me」とのペアリングやアカウントに関する情報を表示したり…
f:id:kamas:20220108070211j:plain
メルセデスが提供するオンラインサービスの状況を確認できます。
f:id:kamas:20220108070632j:plain
f:id:kamas:20220108071103j:plain
f:id:kamas:20220108071136j:plain

f:id:kamas:20220108071159j:plain
コンシェルジュサービスは終了となりましたね。

「ハイメルセデス、今日の天気は?」と話しかければ教えてくれますよ。
f:id:kamas:20220108071613j:plain




設定

クルマの設定を行うアプリケーションで、「アシスト」「車両」「照明」「システム」の設定ができます。ここでは一例をご紹介します。

アシスト
f:id:kamas:20220108144341j:plainf:id:kamas:20220108144348j:plain
トラフィックサインアシストで検出した制限速度に対し、速度オーバーすると警告を鳴らすこともできます。
f:id:kamas:20220108144754j:plain
その他ブレーキアシストの設定や
f:id:kamas:20220108144918j:plain
アテンションアシストの設定もここで行えます。
車両
f:id:kamas:20220108145206j:plain
冬タイヤ装着時の速度制限なんてのもあります。160km/hに制限したところで日本では意味ないですが…
f:id:kamas:20220108145300j:plain
最初ベンツに乗った時にビックリしましたが、シートベルトも自動で締め付けてくれます。
f:id:kamas:20220108145348j:plain
車速感応ドアロックもここでオン/オフできますよ。




照明
f:id:kamas:20220108145607j:plain
アンビエントライトやインテリジェントヘッドライトの設定を行えます。

アンビエントライトの詳細については以下の記事を参照。
kamas-cars.hatenablog.com
インテリジェントヘッドライトについては以下の記事を参照ください。
[https://kamas-cars.hatenablog.com/entry/2021/12/13/135355:embed:

システム
f:id:kamas:20220108150340j:plain
画面のデザイン設定もここから。

メーターパネルについては以下の記事で解説してますので併せてチェックを。
kamas-cars.hatenablog.com

f:id:kamas:20220108150448j:plain
タッチパッドの感度も設定できるようになっています。
f:id:kamas:20220108150520j:plain
サウンド関連の設定としてイコライザーやバランス•フェーダーn設定も可能です。
f:id:kamas:20220108150613j:plain
このクルマはWi-Fiホットスポットとしても使えます。最大で3台の機器を使用できるようです。
f:id:kamas:20220108150715j:plain
スピードメーターの表示を「キロ」か「マイル」の切り替えも可能。欧州車ならではですね。




お気に入りを活用しよう!

f:id:kamas:20220108150910j:plain
これだけ多岐にわたる機能があるので、よく使う項目だけお気に入りに登録するのがオススメ。ホーム画面を上にスワイプするか、ステアリングの「★」スイッチを下に押す、もしくはタッチパッド横の「★」ボタンを押すとお気に入りメニューが表示されます。

f:id:kamas:20220108151202j:plain
ステアリングの★マークからお気に入りメニューに飛べます。
f:id:kamas:20220108150943j:plain
タッチパッドの周りには各機能へのショートカットボタンがあるので、そこから各画面へ飛ぶこともできます。




まとめ

いかがだったでしょうか。
この記事をまとめながら、ほんとスマホみたいだなーと思いました。クルマのIoT化も着実に進んでいますよね。今回ご紹介したのはほんの一部ですのでコレ以外にも色々といじれるところがあって面白いですよ。
Aクラスを含め、ベンツの購入を検討されている方の参考になればと思います。

クルマの乗り換えをご検討されている方、今のクルマがいくらで売れるのか気になりませんか?もしまだ買取店に相談していないと言う方は、無料一括査定を使って少しでも高くクルマを売りましょう!(ブログ更新のモチベーションにもなりますので是非。。。)

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

愛車の査定を上げるには

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
憧れのクルマへの第一歩は今のクルマを高く売ることです。
サラリーマンながらベンツを2台も購入できたのは買取価格を上げることに成功したからです。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。

↑のオレンジのボタンをクリックし、愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
私の経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいですよ。過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!