kamas's CARLIFE

世帯年収500万のサラリーマンがベンツ2台持ちするとどうなるのか?

【隠れ機能あり】ベンツAクラス(W177) エアコンの解説

こんにちは、kamasです。
今回はAクラスのエアコン(クライメートコントロール)について解説していきます。

ベンツAクラス エアコンの解説
f:id:kamas:20211215122720j:plain
Aクラスのインパネに物理スイッチとして唯一残されたエアコン関連のスイッチ。スタイリッシュなトグルスイッチですね。基本は直感的に操作できるようになっていますが、実は隠れ機能があるらしいんです。
気になりますよね。そこで今回は、Aクラス(W177)のエアコンについて解説していきます!これを読めばAクラスエアコンの意外な活用術が分かりますよ。実際の写真を使って解説していきたいと思います!



kamasが所有するAクラスの詳細

●車種
メルセデスベンツ Aクラス
A180 スタイル
●型式
2018年製 W177
●ボディーカラー
ポーラーホワイト
●オプション
AMGライン
AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(チタニウムグレー)
ナビゲーションパッケージ
レーダーセーフティパッケージ


クライメートコントロールって何?

ベンツではエアコンのことを「クライメートコントロール」と呼びます。調べてみると、クライメートコントロールとは"室温や外気温の変化だけでなく、フロントウインドウに設置された日射センサーにより太陽光の照射量と照射角度を測定し、全座席に対して独立して自動的に冷暖房や風量を調整するシステム"のことだそう。
Aクラスの場合、日射センサーはダッシュボードの奥、中央にあります。

f:id:kamas:20211215121534j:plain
ダッシュボードの中央にあるコイツが日射センサーです。

パネルスイッチの機能説明

エアコンの操作は基本的にインパネのクライメートコントロールパネルから行います。

①運転席の温度
②送風配分
③風量
④AUTOモード
⑤フロントデフロスター
⑥リアデフォッガー
⑦内気循環モード
⑧エアコンディショナー/予熱ヒーター
⑨同期
⑩助手席の温度


MBUXマルチメディアシステムからの操作

実はマルチメディアシステム(ナビ画面)からもエアコンを操作できます。
ホーム画面の温度表示をタッチすると、以下の画面が出てきます(この画面、この記事をまとめる時に初めて見ました。。。)。送風配分の設定もこの画面からできますよ。

f:id:kamas:20211215032149j:plain
MBUXマルチメディアシステムのエアコン関連の設定画面。初めて見ました。。。

ジェットタービン型の送風口

f:id:kamas:20211031123304j:plain
ジェットエンジンのタービンをイメージしたというデザイン。

Aクラスのエアコン送風口、存在感ありますよね。ジェットエンジンのタービンにインスパイアされたデザインだそうですよ。中央のパンチングレザーで装飾されたツマミをひねると、物理的に送風口を開閉できます。上下左右に手動で首振りすることで風向も調整できますよ。

フロント
f:id:kamas:20211209154916j:plain
Aクラス内装の全体像。エアコンアウトレット、存在感ありますね。

前席には中央に3つ、左右に1つづつ設置されています。
カラーはクローム調。レザーエクスクルーシブパッケージ装着車のみ、クローム調になるようです。非装着車はグロスブラックになります。

リア
f:id:kamas:20211215033006j:plain
センターコンソール背面に設置された後部座席用のエアコンアウトレット。

センターコンソールの背面に2つ設置されています。後部座席もちゃんと空調が効くようになっていますね。ここのカラーはグロスブラック調です。


ガラスの曇りも「AUTO」にしておけばOK

風量や風向を手動でイジりたくなりますが、基本「AUTO」にしておくのが一番快適だったりします。取扱説明書によるとフロントガラスの曇りも「AUTO」で対処できるそう。それでも曇りが取れない時はデフロスターを作動しましょう。

f:id:kamas:20211215122000j:plain
AUTOモードでフロントウインドウの曇りもある程度取ってくれます。

隠れ機能!?予熱ヒーター

隠れ機能という訳ではないですが、あまり知られていない機能があります。皆さん「予熱ヒーター」をご存知でしょうか。
エンジン停止後、30分間はエンジンの予熱を利用して前席の送風口より暖房/送風を行う機能です。燃料を使わずに空調を作動できるので節約になりますね。
起動方法は簡単で、クライメートコントロールパネルの⑧「REST」と書かれたスイッチを押すだけ。これで30分間起動してくれます。これ、意外と知られていないですよね。

f:id:kamas:20211215121725j:plain
A/C RESTと書かれたボタンを押すと予熱ヒーターが作動します。



まとめ

いかがだったでしょうか。
意外と知らなかった、という機能もあったかと思います。Aクラス乗りの方や、今後Aクラスの購入を考えている方の参考になればと思います。

クルマの乗り換えをご検討されている方、今のクルマがいくらで売れるのか気になりませんか?もしまだ買取店に相談していないと言う方は、無料一括査定を使って少しでも高くクルマを売りましょう!(ブログ更新のモチベーションにもなりますので是非。。。)

車種・年式・走行距離を入力するだけ
カーセンサー
自分のクルマを無料一括査定してみる


※電話が煩わしい場合、メールのみの連絡希望もできます。

愛車の査定はこちら

車買い替えをお考えの方、まずは今の愛車を高く売りたいですよね。
憧れのクルマへの第一歩は今のクルマを高く売ることです。
サラリーマンながらベンツを2台も購入できたのは買取価格を上げることに成功したからです。
購入価格を10万円値切るのは大変ですが、売却価格を10万円上げるのは実はそこまでハードルは高くないのです。
車を売るときは、必ず店舗に行く前に一括査定で相場を確かめましょう。
私の経験上、相場を知らずに店舗に行くよりも、まずは相場を抑えた上で各社と交渉に臨んだほうが絶対にいいです。

以下リンク先から無料一括査定できます。



愛車の①車種②年式③走行距離を入力し、「申し込みスタート」ボタンを押すだけで完了です。
あとは各社からメール等で連絡が来ますので、その中から選んで交渉スタートです。
過去に私が愛車を売却したときに感じた交渉のポイントは以下です。

売却時期を明確にすること

1ヶ月以内に売る、と言ったほうが買取価格は確実に上がります。買い取る側からすると、すぐに売ってもらったほうが値段を付けやすいそうですね。相場の変動を加味せず、今現在の相場で買い取れるからです。中古車はナマモノですから、極端ではないにせよ、相場の変動があります。2ヶ月後に売るよ、と言われるとその2ヶ月間の相場の変動を加味し、マージンを取った安い額を提示するしかないんだとか。だから売る時期は明確にしましょう

回る店は3店舗ぐらいがちょうどいい

たくさん回ったほうが相見積もりで高くできますが、だいたい3店舗回れば相場が分かります。その中で「他の店ではこんな高い額を提示してくれましたよ」と言って相見積もりを繰り返せば、上手く行けば中古車オークションの相場ギリギリの額まで吊り上げることができます。上手くハマれば既に売り先が決まっていて、逆に店側が欲しがっているパターンも稀にあります。私はこのやり方でディーラー下取り額よりも40万円高い額で売却することに成功しました。

買取専門店で売りましょう

ディーラーの下取りは間違いなく安いです。全部段取りしてくれるので楽チンというメリットはありますが、買取専門店で売っても全然面倒ではありません。買取価格が全然違うので、買取専門店で売りましょう。
特に、輸入車のディーラーで国産車を下取りに出す場合はかなり損をします。逆も然りです。なぜなら、下取りした車は中古車オークションに出すしかなく、そのマージンを引いた額しか提示できないからです。例えばトヨタのディーラーでトヨタの車を売れば、まだ認定中古車として売りに出されるケースもありますが、そうでない場合は上述の理由で必ず損をします。
賢く売って、より良い車を買いましょう!